> > 太陽光発電の全てを網羅する展示会「PVJapan 2012」入場受付開始

太陽光発電の全てを網羅する展示会「PVJapan 2012」入場受付開始

記事を保存
太陽光発電の全てを網羅する展示会「PVJapan 2012」入場受付開始

太陽光発電の普及活動に取り組む太陽光発電協会(JPEA)とマイクロエレクトロニクス製造装置・材料業界の国際工業会SEMIは、12月5日から7日の3日間、幕張メッセで開催される太陽光発電に関する総合イベント「PVJapan 2012」の展示会入場登録及びセミナーなどの参加登録の受け付けを10月1日より開始した。

PVJapanは、JPEAとSEMIが共同で主催する太陽光発電の総合イベントで、今年で5回目。太陽電池の材料から発電システムまで、太陽光発電の全てを網羅する展示会で、会場では、国内外の太陽電池メーカー、インストーラー、関連製品メーカー、製造装置メーカー、部品・材料サプライヤー、大学・研究機関など太陽光発電に関わる幅広い分野から新製品・新技術を紹介する。

また、毎年、市場動向を踏まえて企画している特設展示コーナー「プラザ」には、地方自治体による企業誘致の情報提供などを行う「メガソーラープラザ」と、色素増感太陽電池、化合物太陽電池、フレキシブル太陽電池などを紹介する「新素材太陽電池プラザ」を設置する。

同時に、太陽光発電分野の一線で活躍する企業人による講演、太陽光発電の現状と可能性、次世代太陽電池、固定価格買取制度の設備認定などについて紹介するセミナーやワークショップも開催される。

参考:PV JAPAN 2012 公式ウェブサイト

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.