> > ソーラーフロンティア、高効率のCIS薄膜太陽電池を米太陽光発電所に導入

ソーラーフロンティア、高効率のCIS薄膜太陽電池を米太陽光発電所に導入

 印刷 記事を保存

ソーラーフロンティアは、CIS薄膜太陽電池モジュールを使った世界最大級の太陽光発電プロジェクトにおいて、80メガワットピーク(MWp)のソーラーフロンティア製CIS薄膜太陽電池モジュールの供給を完了した。

今回の供給は、EDFリニューアブル・エナジー社が米カリフォルニア州カーン郡で開発・建設・運営する143.2MWpの太陽光発電所(カタリーナ・ソーラープロジェクト)の一部。第1段階である約50MWp分の設備は2012年末までに、残りの設備は2013年6月までに稼働を開始する予定。同発電所で生産される電力は約3万5000世帯分の年間使用量に相当し、毎年約7万4000トンの温室効果ガスの排出が削減される。これにより、同社の世界における累計設置量は、もう少しで1ギガワット(およそ原発一基分)に達する見込み。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.