> > ソーラーフロンティア、高効率のCIS薄膜太陽電池を米太陽光発電所に導入

ソーラーフロンティア、高効率のCIS薄膜太陽電池を米太陽光発電所に導入

記事を保存

ソーラーフロンティアは、CIS薄膜太陽電池モジュールを使った世界最大級の太陽光発電プロジェクトにおいて、80メガワットピーク(MWp)のソーラーフロンティア製CIS薄膜太陽電池モジュールの供給を完了した。

今回の供給は、EDFリニューアブル・エナジー社が米カリフォルニア州カーン郡で開発・建設・運営する143.2MWpの太陽光発電所(カタリーナ・ソーラープロジェクト)の一部。第1段階である約50MWp分の設備は2012年末までに、残りの設備は2013年6月までに稼働を開始する予定。同発電所で生産される電力は約3万5000世帯分の年間使用量に相当し、毎年約7万4000トンの温室効果ガスの排出が削減される。これにより、同社の世界における累計設置量は、もう少しで1ギガワット(およそ原発一基分)に達する見込み。

同社のCIS薄膜太陽電池モジュールは、砂漠や熱帯、氷点下といったさまざまな気候で優れた性能を発揮することが実証されており、同州の気候に非常に適している。また、実際の環境下での発電効率が高いため、プロジェクトの経済性という点においても高い効果が期待できる。

ソーラーフロンティアは、同プロジェクト向けの太陽電池モジュールの搬送に際し、受賞歴のある自社の梱包・輸送技術を用い、623基の輸送コンテナを使用した。独自に設計された、スチール及び樹脂製のパレットとリサイクル可能なプラスチック製の角材で梱包することで、コンテナ1基当たりの太陽電池モジュールの積載率は従来より約130%向上し、輸送におけるCO2排出量は10%以上削減され、それと同時にモジュールの破損率0.002%という極めて低い水準を実現している。また、この新しい梱包技術により、現地での廃棄物は輸送した太陽電池モジュール1MWp当たりわずか5立方メートルに削減され、環境負荷の低減に貢献できる。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.