> > 住商、米国カリフォルニア州で世界最大級550MWの太陽光発電事業へ参画

住商、米国カリフォルニア州で世界最大級550MWの太陽光発電事業へ参画

 印刷 記事を保存

住友商事と米国住友商事は、米国カリフォルニア州における世界最大級の太陽光発電事業へ参画すると発表した。設備容量は550MW、総事業費は約23億米ドル。住友商事グループは25%を出資する。2013年後半より順次売電を開始し、2015年春の完工を予定している。

本件は、米国カリフォルニア州パームスプリングス近郊の約16km2の米国政府の所有地に、約900万枚の薄膜太陽光パネルを敷設するもので、太陽光発電事業としては世界最大規模となる。住友商事グループとしては、米国における太陽光発電事業への初参画となる。

同グループは、パートナーであるNextEra EnergyおよびGE Energy Financial Servicesとともに事業主体となる。出資比率は、NextEra Energyが50%、住友商事グループ 25%、GE Energy Financial Servicesが25%。NextEra Energyは米国大手発電事業会社で、GE Energy Financial ServicesはGE Capital の100%子会社で、エネルギー分野への投資を幅広く行っている。太陽光パネルは、米First Solar社製薄膜モジュールを使用する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.