> > 住商、米国カリフォルニア州で世界最大級550MWの太陽光発電事業へ参画

住商、米国カリフォルニア州で世界最大級550MWの太陽光発電事業へ参画

記事を保存
住商、米国カリフォルニア州で世界最大級550MWの太陽光発電事業へ参画

住友商事と米国住友商事は、米国カリフォルニア州における世界最大級の太陽光発電事業へ参画すると発表した。設備容量は550MW、総事業費は約23億米ドル。住友商事グループは25%を出資する。2013年後半より順次売電を開始し、2015年春の完工を予定している。

本件は、米国カリフォルニア州パームスプリングス近郊の約16km2の米国政府の所有地に、約900万枚の薄膜太陽光パネルを敷設するもので、太陽光発電事業としては世界最大規模となる。住友商事グループとしては、米国における太陽光発電事業への初参画となる。

同グループは、パートナーであるNextEra EnergyおよびGE Energy Financial Servicesとともに事業主体となる。出資比率は、NextEra Energyが50%、住友商事グループ 25%、GE Energy Financial Servicesが25%。NextEra Energyは米国大手発電事業会社で、GE Energy Financial ServicesはGE Capital の100%子会社で、エネルギー分野への投資を幅広く行っている。太陽光パネルは、米First Solar社製薄膜モジュールを使用する。

発電する電力は一般家庭約16万世帯以上の使用電力量に相当する。この電力については米国大手電力会社Southern California Edison並びにPacific Gas & Electric Companyとの間で長期売電契約を締結済み。カリフォルニア州ではRPS(州毎の目標を定め、電力事業者に一定割合の再生可能エネルギー電力の調達を義務付ける州の法律)に基づき、2020年までに全発電量の33%を再生可能エネルギー電力の調達とすることを電力業者に義務付けており、本件は同目標の達成にも大きく貢献する。

同グループでは、これまでに世界各地で再生可能エネルギー発電の事業開発・運営を行っている。欧州で5件(設備容量合計約60MW)の太陽光発電事業の開発・運営を行ない、米国では4件(設備容量合計約1,300MW)の風力発電事業に参画している。

今般、米国における電源のポートフォリオに太陽光が新たに加わった。これにより、再生可能エネルギー発電の最大市場として大きな成長が見込まれる米国において、本件への参画で強固な事業基盤を確立したことになる。引き続き、風力、太陽光を含む発電事業の幅広い提案を行っていく計画だ。

また発電事業に加え、蓄電・通信等の機能を活用したスマートグリッド関連ビジネスの開発を米国においても進め、将来の市場拡大を視野に入れた幅広い事業の創出に取り組んでいく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.