> > カナディアン・ソーラー、欧州スキー場に3.6MWのメガソーラー 日陰効果も冷却に活かす

カナディアン・ソーラー、欧州スキー場に3.6MWのメガソーラー 日陰効果も冷却に活かす

 印刷 記事を保存

カナディアン・ソーラー(本社:カナダ・オンタリオ州)は、欧州最大級の屋内スキー場の屋根に設置された出力規模3.6MWのメガソーラーに、自社の太陽電池モジュールを提供したと発表した。

この大規模な屋根設置型の太陽光発電システムにより、自家発電によって電力コストを大幅に削減するとともに、設置した太陽光発電システムの下部に生じる日陰の効果により、冷却システムの稼働に要する電力を低減するという、二重の効果を得ることができるという。

今回メガソーラーが設置されたのは、ドイツのヴィッテンベルクにある屋内スキー場「アルペンセンター ハンブルク‐ヴィッテンベルク」の屋上。スキー場のオーナーであるオランダのヴァン デル ヴァルク グループは、3万平方メートルのスキーコースを有する同施設を運営するためのエネルギーコストの削減という課題に直面していた。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.