> > カナディアン・ソーラー、欧州スキー場に3.6MWのメガソーラー 日陰効果も冷却に活かす

カナディアン・ソーラー、欧州スキー場に3.6MWのメガソーラー 日陰効果も冷却に活かす

記事を保存
カナディアン・ソーラー、欧州スキー場に3.6MWのメガソーラー 日陰効果も冷却に活かす

カナディアン・ソーラー(本社:カナダ・オンタリオ州)は、欧州最大級の屋内スキー場の屋根に設置された出力規模3.6MWのメガソーラーに、自社の太陽電池モジュールを提供したと発表した。

この大規模な屋根設置型の太陽光発電システムにより、自家発電によって電力コストを大幅に削減するとともに、設置した太陽光発電システムの下部に生じる日陰の効果により、冷却システムの稼働に要する電力を低減するという、二重の効果を得ることができるという。

今回メガソーラーが設置されたのは、ドイツのヴィッテンベルクにある屋内スキー場「アルペンセンター ハンブルク‐ヴィッテンベルク」の屋上。スキー場のオーナーであるオランダのヴァン デル ヴァルク グループは、3万平方メートルのスキーコースを有する同施設を運営するためのエネルギーコストの削減という課題に直面していた。

本システムの設置により、公共の送電網や再生可能エネルギー法(Erneuerbare-Energien-Gesetz=EEG)の助成金に依存することなく、年間を通じて自家発電のエネルギーのみで施設を運営することが可能となった。日陰の効果では、結果として屋上の表面温度は設置前と比べて2分の1の温度となるため、施設内を年中摂氏マイナス1度に保つための冷却技術に要する電力も大幅に抑制でき、電力消費量の削減の実現につなげることができる。

今回のプロジェクトはDr. Metje Consulting(ドイツ・ハンブルク)が企画、および実施した。同社は、「このような大規模な屋根設置型の太陽光発電システムでは、太陽電池モジュールの効率性と品質が最も重要になる。特に、今回は自家発電で需要電力を全てまかなうため、性能低下に耐えうるモジュールであることを重視した」とコメント。また、カナディアン・ソーラーCEO兼会長のショーン・クゥは、「今回のプロジェクトは、『政府の助成金に依存せずに、施設運営に要する電力を完全に自家発電でまかなう』という、太陽光発電の将来像を示すもの。膨大な電力を必要とする屋内スキー場が太陽光エネルギーを採用することは、まさに太陽光発電の効率性の高さを証明している」と語る。

カナディアン・ソーラーは、世界第3位(出荷ベース、2012年4月時点)の太陽電池モジュールメーカー。シリコンインゴットからウェハー、セル、太陽電池、システムに至るまで一貫した生産体制により、欧米やアジアを中心に世界的に事業を展開する。2009年6月に設立された日本法人が日本市場向けに太陽光発電を販売している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.