> > 日立の電力システムグループ4社が合併 国内外市場への競争力強化

日立の電力システムグループ4社が合併 国内外市場への競争力強化

 印刷 記事を保存

日立製作所の電力システムに関するグループ会社、「日立協和エンジニアリング」「日立設備エンジニアリング」「日立エレクトリックシステムズ」3社と「日立エンジニアリング・アンド・サービス」は、2013年4月1日付にて合併することで合意した。4社合併による経営資源の集中により、国内外の多様化する市場への競争力を高め、エネルギー・社会インフラ分野におけるエンジニアリング・サービス・製品システム力を強化したい考えだ。

合併する「日立エンジニアリング・アンド・サービス」は、発電プラントや産業機器・情報向けなどの総合的なエンジニアリング・サービス・製品システム力に優れ、「日立協和エンジニアリング」は、圧延用ロール・分析・塗装・めっき分野で優れた技術を持ち、「日立設備エンジニアリング」は、電気設備工事、発電プラント機器、FAシステムを得意とし、「日立エレクトリックシステムズ」は、電気システムに係わるエンジニアリング・製品に強みを持ち、それぞれ豊富な実績とノウハウ・開発力を有する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.