> > 日立の電力システムグループ4社が合併 国内外市場への競争力強化

日立の電力システムグループ4社が合併 国内外市場への競争力強化

記事を保存

日立製作所の電力システムに関するグループ会社、「日立協和エンジニアリング」「日立設備エンジニアリング」「日立エレクトリックシステムズ」3社と「日立エンジニアリング・アンド・サービス」は、2013年4月1日付にて合併することで合意した。4社合併による経営資源の集中により、国内外の多様化する市場への競争力を高め、エネルギー・社会インフラ分野におけるエンジニアリング・サービス・製品システム力を強化したい考えだ。

合併する「日立エンジニアリング・アンド・サービス」は、発電プラントや産業機器・情報向けなどの総合的なエンジニアリング・サービス・製品システム力に優れ、「日立協和エンジニアリング」は、圧延用ロール・分析・塗装・めっき分野で優れた技術を持ち、「日立設備エンジニアリング」は、電気設備工事、発電プラント機器、FAシステムを得意とし、「日立エレクトリックシステムズ」は、電気システムに係わるエンジニアリング・製品に強みを持ち、それぞれ豊富な実績とノウハウ・開発力を有する。

最近の国内市場では、火力発電設備の新設計画の動きや固定価格買取制度の導入などによる自然エネルギーの本格的な立上げ、電力流通網の強化など、エネルギー・社会インフラ分野における多様なニーズが生まれている。一方、海外市場は、欧州経済危機や各国のエネルギー政策の転換などの不安定要素があるものの、長期的には、新興国を中心とした新規の火力・原子力電源建設、自然エネルギーの導入計画、電力流通網の整備などのエネルギー・インフラ関連需要の拡大が見込まれている。

このような市場ニーズに対応し、日立は今年4月に株式会社日本AEパワーシステムズから変電・配電事業を承継、同時に日立の強みである情報通信・制御技術に関する組織を統合し、電力流通事業部を設立した。火力事業では、本年6月にドイツのサービス会社クセルフォン・エナジー社を買収し、欧州において、発電プラント設備からサービスまで提供する体制を構築した。また、今年7月には富士重工から風力発電システム事業の事業譲渡を完了、設計・開発から販売・サービスまで一貫した体制を整え、現在、2015年の本格販売をめざし、5MWの洋上風力発電システムの開発に取り組んでいる。

日立、世界初 5MW級ダウンウィンド洋上風力発電システム開発に着手(2012年7月13日)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.