> > NTTコムウェア、排熱式データセンターサービスで世界最高レベルの省電力

NTTコムウェア、排熱式データセンターサービスで世界最高レベルの省電力

 印刷 記事を保存

NTTコムウェアは、さらなるコスト削減とグリーン化に向けて、世界最高レベルの省電力「PUE=1.02」を実現した「排熱式データセンター」のサービスを11月より開始する。

1年間にわたる実証試験で、厳寒期や酷暑期においてもPUE=1.02 の安定したサービスを提供可能なことを確認済み。同社の既存「SmartCloud(R)データセンター」で実現しているPUE=1.3と比較すると、サーバー1000台当たり年間CO2 300tの排出量削減に相当する。利用用途は、クラウド・サービス、ビッグデータやハイパフォーマンス・コンピューティングなど。社内クラウド・サービスから運用を開始し、順次サービスを拡大する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.