> > NTTコムウェア、排熱式データセンターサービスで世界最高レベルの省電力

NTTコムウェア、排熱式データセンターサービスで世界最高レベルの省電力

記事を保存
NTTコムウェア、排熱式データセンターサービスで世界最高レベルの省電力

NTTコムウェアは、さらなるコスト削減とグリーン化に向けて、世界最高レベルの省電力「PUE=1.02」を実現した「排熱式データセンター」のサービスを11月より開始する。

1年間にわたる実証試験で、厳寒期や酷暑期においてもPUE=1.02 の安定したサービスを提供可能なことを確認済み。同社の既存「SmartCloud(R)データセンター」で実現しているPUE=1.3と比較すると、サーバー1000台当たり年間CO2 300tの排出量削減に相当する。利用用途は、クラウド・サービス、ビッグデータやハイパフォーマンス・コンピューティングなど。社内クラウド・サービスから運用を開始し、順次サービスを拡大する。

排熱式データセンターは、冷却装置を一切使用せず、ICT機器から発生する熱を屋外に排熱する完全外気空調方式を採用。データセンター内の温度・湿度を最適に調整する空流制御、吸気温度40℃に対応した高性能ICT機器の採用などにより、空調消費電力を限りなく0に近い、サーバー1台当たり数Wまでの大幅な削減を実現。また、1ラック当たりのICT消費電力12kVAの高密度実装にも対応した排熱性能を持つ。

さらに、需要に応じて柔軟に設備を増設することができるモジュール方式を採用。冷却装置なども不要としたこととあわせて、創設費と運用費(主に電力関係)の低コスト化(当社従来比:45%削減)を実現した。

ICT利用の進展、クラウド・コンピューティング利用の急激な伸び、ならびに事業継続性の実現のために、データセンターは社会インフラとしてますます重要性が高まっている。また、ICT機器の大幅な増加、高性能化が進み、データセンターは膨大な電力を消費するようになってきており、省電力への継続的な取り組みが強く求められている。同社は、キャリアグレード(通信キャリア利用レベル)の耐災性、セキュリティー、運用と、グリーンICTを追求したデータセンターサービスのさらなる省電力化を目指し、昨年11月より「排熱式データセンター」の実証試験に取り組んできた。

なお、PUE(Power Usage Effectiveness)は、データセンターの電力利用効率を示す指標で、1に近づくほど効率が良いとされている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.