> > 九州環境ビジネス大賞決定 奄美黒糖焼酎の焼酎粕を利用したスキンケア商品が奨励賞

九州環境ビジネス大賞決定 奄美黒糖焼酎の焼酎粕を利用したスキンケア商品が奨励賞

記事を保存

九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K-RIP)は、九州地域において地球環境問題に対応した企業の優れた製品・サービスを表彰する制度「第5回 九州環境ビジネス大賞」の受賞団体を決定し発表した。

大賞は、産業排水処理施設において、発生汚泥量の削減および嫌気性臭気対策に効果を発揮する「噴流式高効率気液混合装置 フォームジェット」(ワイビーエム、佐賀県唐津市)。優秀賞は、従来の脱水汚泥を最大で1/5にまで減量化する「循環型連続式水熱反応処理装置『メタサウルス』」(三菱長崎機工、長崎県長崎市)。奨励賞は、焼酎粕による環境負荷を解決するため、産学官連携のプロジェクトにて研究開発が行われた「あま肌スキンケアシリーズ」(アマミファッション研究所、鹿児島県奄美市)。

九州環境ビジネス大賞とは、前述の製品・サービスに対する社会的認識の拡大や販路拡大等を目的に、K-RIPが平成20年度より行っている表彰制度。第5回となる今回は、本年6月~8月に募集を行い5件の応募があり、審査の結果、上記の通り決定した。昨年度に引続き今年度も九州環境ビジネス大賞受賞企業が誕生し、本表彰制度創設以来3社目の大賞受賞となった。

受賞団体の取り組み概要は以下の通り。大賞を受賞した「噴流式高効率気液混合装置 フォームジェット」(ワイビーエム)は、キャビテーション(減圧による発泡現象)および激しい過流のせん断力を利用した高効率気液混合装置。産業排水処理施設のほか、海・湖沼などの貧酸素対策およびオゾンガスを利用したアオコ対策の導入事例を多数有する。

優秀賞を受賞した「循環型連続式水熱反応処理装置『メタサウルス』」(三菱長崎機工)は、「高性能連続式水熱反応器」を用いて、汚物等のたんぱく質に代表される「易分解性有機物」を加水分解させた後、滞留日数5日で消化ガスに転換消滅させ汚泥を1/5に減量化する技術。本技術最大の特徴として、汚泥から転換した消化ガスのみで運転するためランニングコストが極端に低く抑えることができることがあげられている。

奨励賞を受賞した「あま肌スキンケアシリーズ」(アマミファッション研究所)は、奄美地方においてのみ作られる黒糖焼酎のもろみから抽出した黒糖もろみエキス配合のオリジナルブランド商品。独自技術(特許取得)により、メラミン色素など機能性成分の工業的な抽出に成功した。

【参考】
K-RIP - 第5回「九州環境ビジネス大賞」審査結果の発表について

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.