> > 兼松・日産など、スマートフォンを活用したEVタクシー運行システムの実証実験を拡大

兼松・日産など、スマートフォンを活用したEVタクシー運行システムの実証実験を拡大

 印刷 記事を保存

兼松、日産自動車など5社は、昨年度から実施しているスマートフォンを活用した「EVタクシー運行最適化システム(EVOTシステム)」の実証実験について、10月9日より対象エリアと参加事業者を拡大して展開している。今回、EV・PHVタクシー96台とその他車両を含め、合計39社、約2,500台が参加。大阪府・京都府に加えて、和歌山県、神奈川県、東京都でも実施している。

本事業は、兼松、日産、そして、モーション、システムオリジン、リサイクルワンの5社が「環境省 平成24年度地球温暖化対策技術開発・実証研究事業・EVタクシーの実用化促進と運用方法確立のための実証研究」のEVOT(EVOT=EV On-demand Taxiを略した呼称)システムの実証実験として実施しているもの。拡大した実証実験では、EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)の次世代タクシーの参加台数が昨年度の70台から96台(EV63台、PHV33台)に増加。また、一部事業者のタクシー配車センターへの連携により次世代タクシー以外の一般タクシー車両でも呼び出しに応じることが可能になった。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.