> > 太陽光発電システム設置架台市場、2011~2016年度の年平均成長率13.3%

太陽光発電システム設置架台市場、2011~2016年度の年平均成長率13.3%

 印刷 記事を保存

矢野経済研究所は、太陽光発電システムインテグレーター、太陽光発電システム設置架台メーカーなどを対象に「国内太陽光発電システム設置架台市場」の調査を実施し、その結果を発表した。これによると、2011年度の太陽光発電システム設置架台市場規模は、前年度比横ばいの452億円。設置架台の新製品は「部品点数削減」「施工性向上」「屋根に穴をあけない」がキーワード。2011年度から2016年度までの年平均成長率は13.3%と予測している。調査結果の概要は以下の通り。

【1】市場概況

余剰電力買取制度の開始により、住宅用を中心に太陽光発電システムの導入が急増した2009年度が前年度比219.2%の257億円、2010年度が同172.3%の443億円と大幅な拡大を続けた。2011年度は、教育施設への導入が前年度で一段落したこと、導入補助制度の新規募集の停止等により公共・産業用太陽光発電システムの需要が若干減少したものの、住宅用太陽光発電システム需要が堅調に拡大したことから、ほぼ横ばいの前年度比102.0%の452億円となった。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.