> > JFEスチール、山口県と和歌山県でメガソーラー3ヶ所建設 2013年稼働

JFEスチール、山口県と和歌山県でメガソーラー3ヶ所建設 2013年稼働

記事を保存
JFEスチール、山口県と和歌山県でメガソーラー3ヶ所建設 2013年稼働

JFEスチールグループは、三井物産と東京海上アセットマネジメント投信が実施する大規模太陽光発電所(メガワットソーラー)のうち、第1期分3ヶ所の建設をフルターンキーで受注した。グループの設備システム会社であるJFE電制が元請となり、その下で固有技術を保有したグループ各社が結集し、複数の「メガワットソーラー発電所」の一括受注に至った。

同発電所は、三井物産と東京海上アセットが第1期分国内計10ヶ所で展開する大規模太陽光発電所事業の一環で、このうちJFEスチールグループが受注した発電所は、山口県山口市(発電能力3.5MW)山口県田布施町(同3MW)和歌山県串本町(同1.8MW)の3ヶ所。山口県田布施町、和歌山県串本町は2013年3月、山口県山口市は2013年6月の稼動を予定している。

JFEスチールグループでは、JFE電制が公共・産業用の太陽光発電において10年以上の施工実績を重ねており、2009年度には、グループ全体の技術と経験を結集し、最適なシステム設計から設備メンテナンスまで提案できる体制をグループ内で整えた。今回の案件では、JFEシビルが架台・基礎の設計・施工、JFE鋼板が架台材料となる高耐食溶融亜鉛めっき鋼板「JFEエコガル(R)」の供給、JFE鋼管が架台部材の鋼管への成型を手がける。

今回使用する架台は、JFEシビルがJFEスチールと共同開発したもの。メガワットソーラー架台の素材として実績豊富な「JFEエコガル(R)」を使用して耐食性を確保し、さらに、風洞実験、構造実験や各種解析結果から使用部材、配置方法の工夫を行い、大幅な軽量化設計によって、鋼製でありながらアルミ架台と同程度の軽量化を実現。架台の軽量化によるコスト削減と電気工事の合理化により、システム全体の価格の低廉化も実現している。

なお、フルターンキーとは、設計、製作、組み立て、試運転指導、性能保証までのすべてを請け負う方式。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.