> > フジタ、重機などのCO2排出量を計測できるモニタリングステムを開発

フジタ、重機などのCO2排出量を計測できるモニタリングステムを開発

 印刷 記事を保存

フジタは、建設工事中に発生する二酸化炭素(CO2)量を簡単に常時計測できる「CO2モニタリングステム(FCMS)」を開発した。これは、CO2の発生源となる重機等の燃料を計測する装置を対象機器に取付け、作業所に設置したモニタリングユニットから直接インターネット経由で計測データを常時クラウドサーバーに蓄積するシステム。現場で消費する電力についても常時計測し、同様にサーバーでデータを蓄積できる。

具体的には、簡易に重機等のエンジンの回転数を計測でき、回転数とCO2排出量の相関関係を事前に把握することで、比較的正確なCO2ガス排出状況を調べることができる。ローコストで重機の改造も容易に取り付けが可能。また、電力計測は既存の技術だが、計測と伝送、集計表示プログラムの自社開発により、各種データをサーバーに蓄積することが可。これらの常時監視により、蓄積されたデータを解析することで、各省エネ対策の効果判定や地域・年度毎のCO2排出量変化を把握することができる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.