> > NEC、イタリア電力会社から欧州最大級の大容量リチウムイオン蓄電システムを受注

NEC、イタリア電力会社から欧州最大級の大容量リチウムイオン蓄電システムを受注

記事を保存

NECは、イタリア大手電力会社ENEL SpAの関連会社 ENEL Distribuzione社から、次世代スマートグリッドに向けた実証実験用の「リチウムイオン蓄電システム」を受注した。

同システムは、リチウムイオン電池を用いた蓄電システムで欧州最大クラスの出力2MW、容量2MWhを実現。気象状況の影響を受けやすい風力や太陽光発電など再生可能エネルギーの発電量の変動による電力系統への影響を蓄電システムによって吸収し、電力品質の安定化が図れるのが特長。

同システムは、ENELが実証実験を予定しているイタリアのカラブリア州キアラバッレ変電所に設置される予定。同実験では、発電量と電力消費の不均衡を低減し電力系統のエネルギー損失を最小化することで、イタリアの配電網における再生可能エネルギーの流れの最適化について有効性を検証する。今回の供給は、今後NECが電力系統や配電網向けに利用可能な大型蓄電システム事業を欧州市場に展開するための第一歩となる。

IEAエネルギー技術展望2012のレポートでは、蓄電システムは、柔軟な電力システムの実現や、エネルギー効率が高くコスト効率の良いエネルギー市場の発展に向けた重要な技術と報告。また、2011年には、グローバル太陽光発電量のうち欧州での発電が75%を占めており、中でもイタリアの昨年の太陽光発電量は、世界トップクラスとなる9.3GWと欧州最大となっている。

NECは、昨年イタリア現地法人であるNECイタリア社にコンピテンスセンターを設置し、中核拠点としてENELが推進する実証実験プロジェクトなどスマートエネルギー事業に取り組んでいる。

また、イタリアの経済開発省と、イタリア国内で蓄電システムの生産やインテリジェントな電力ネットワークの先進的なコンポーネントを開発する可能性の調査を目的とする同意書も交わした。さらに、スマートエネルギー事業のグローバルな拡大に向けて、2011年4月に、ENELと蓄電システムを中心とした先進的かつ効率的なソリューションを開発することで、戦略的提携関係を構築している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.