> > プロスポーツ界初のCO2排出権取引を締結

プロスポーツ界初のCO2排出権取引を締結

記事を保存

Jリーグのエスパルスが、日本プロスポーツ界初となるCO2排出権取引契約を、ブラジルのアラプセル・インディアヴァイの小水力発電プロジェクトとの間で結んだ。購入の仲介は三井住友銀行が務めた。

「エスパルス カーボンオフセットクラブ化計画」と命名された今回のプロジェクトは、日本平スタジアムでのゲーム開催時に、電力消費やゴミの排出、シャトルバス運行などで発生するCO2排出量分の排出権を購入して、日本政府に譲渡するというもの。期間は京都議定書の第一約束期間に当たる今後5年間を予定しており、排出権購入量は1800トンになるという。

CO2排出量の把握や排出権の管理・保管に関するアドバイスは、総合物流企業の鈴与グループの協力を仰ぐ。エスパルスは、社内のエコチームを中心に啓蒙活動を行う。具体的には、紙コップのリサイクルやマイ・カップの推進、選手やコーチ・スタッフによる啓蒙活動、エコマッチやエコチャリティーの実施、スタジアムの省エネ化や社有車のエコカーへの切り替えなど。クラブ・サポーター・スポンサーが三者一体となって取り組む。

熱烈なファンが多いJリーグ。エスパルスの取り組みを機に、サポーターのCO2削減活動への意識が向上すれば、家庭部門の排出量削減への効果も期待できるかもしれない。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

前後の記事

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.