> > 花粉やウィルスの悪行を封じ込めるマスクや布団が出現

花粉やウィルスの悪行を封じ込めるマスクや布団が出現

記事を保存

花粉やウィルスの悪行を封じ込めるマスクや布団が出現

この季節、花粉症に苦しむ人も多いのではないだろうか。そんな人々の救世主として脚光を浴びているのが、富士通研究所と東京大学の渡部俊也教授が開発した「光触媒チタンアパタイト」を使用したマスクだ。

光触媒チタンアパタイトとは、今までにない吸着力を持つ新しい光触媒だ。また、紫外線が当たると、花粉やダニ、ウィルスや細菌を99.9%の高い確率で不活化し、水とCO2に分解することができる。重篤な感染症を引き起こすサーズやMRSAにも同等の効果がある。

マスクのほか、エアコンのフィルターや抗菌まな板、布団や化粧品などにも使われ始めている、今後注目の新素材だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.