> > 最先端の温暖化防止技術をPRするもマイナス6%達成危ぶまれる

最先端の温暖化防止技術をPRするもマイナス6%達成危ぶまれる

 印刷 記事を保存

G8洞爺湖サミットゼロエミッションハウス

福田康夫首相による7月9日の議長記者会見

福田康夫首相による7月9日の議長記者会見

ゼロエミッションハウス

国内外から大勢の報道陣が詰め掛けたゼロエミッションハウス

洞爺湖サミットでは、経済産業省が、世界最先端といわれる日本の新エネ・省エネ・環境技術を集結した「ゼロエミッションハウス」 を展示した。
ゼロエミッションハウス関連の写真

建設に協力したのは、2005年から「アクションプラン20」と銘打ち、居住時のエネルギー消費に伴うCO2排出量6%削減(1990年比)に取り組んできた積水ハウス。屋根にはシャープ製の瓦型太陽光発電システム14.5kWと、室内温度を下げる効果が期待できる緑化屋根を搭載。また炭素繊維の軽いブレードでビルの屋上でも効率よく発電できる、ゼファー製の小型風力発電機も設置されている。さらに、家庭用燃料電池システムや、高効率ヒートポンプ給湯機、コードレスでも電力供給が可能なポータブルリチウム電源装置などにより、CO2排出量よりもCO2削減量が上回る、近未来型住宅となっている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.