> > 輸入食品の汚染問題/(独)農業・食品産業技術総合研究機構

輸入食品の汚染問題/(独)農業・食品産業技術総合研究機構

 印刷 記事を保存

輸入食品の汚染問題/(独)農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 家畜用輸入飼料「トウモロコシ」に潜む汚染リスク 無害化技術と国産エコフィードの普及が急務

トウモロコシ

世界のトウモロコシ生産量の5割がアメリカ産で、日本に輸入されるトウモロコシの95%が米国産。
うち、亜熱帯に属するミシシッピー川流域はアフラトキシンが生成しやすい。

事故米騒動で発覚したアフラトキシンは、死亡事例もあるほど強力な天然の発ガン物質で、無害化するには250℃以上での加熱が必要だ。実は、事故米は氷山の一角にすぎず、9割以上を輸入に頼る飼料用トウモロコシでも年によっては4割がアフラトキシンに汚染されているという。矢部希見子氏ら(農業・食品産業技術研究機構)が開発したキノコの成分を用いたアフラトキシン無害化技術に注目が集まっている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.