> > 国内排出量取引締め切り直前に大量申請 参加500社超に

国内排出量取引締め切り直前に大量申請 参加500社超に

 印刷 記事を保存

10月からの集中募集期間で参加企業を募集していた国内排出量取引制度について、政府は12月13日、延べ数501団体から申請があったことを公表した。産業部門(自動車・鉄鋼など)では、参加企業総計で、部門全体の排出量の7割を占めている。

試行申し込み期間直後は数社の申請しか来ず、制度を危ぶむ声も聞かれた国内排出量取引制度。ところが、大手エネルギー企業の参加申請が徐々にリリースされ、直前に鉄鋼連盟の73社、日本自動車工業会・日本自動車車体工業会の58社が業界単位の参加を申請すると、これに引きずられたかのように、12月12日の締め切り直前になって数百社が申請。経済産業省の担当課は、深夜まで対応に追われた。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.