> > 渋谷で振動力発電実証試験開始

渋谷で振動力発電実証試験開始

 印刷 記事を保存

交通量多いターミナル駅などでの利用拡大へ

ハチ公前広場の発電床

ハチ公前広場の新たな名物となった発電床。随時発電量が表示される。

実証実験開始のセレモニー

実証実験開始のセレモニーの模様。

12月5日からJR渋谷駅前で、人がその上を歩くことにより発電する「発電床」の実証実験が始まった。

八重洲北口構内や首都高速道路での実証実験で実績のある音力発電と東京都渋谷区が主体、コクヨやアドビシステム、グーグルなども協力する。1秒あたり2歩での発電量は約0.5W。交通量世界一、渋谷スクランブル交差点・ハチ公前広場全体に約4000基の発電床を設置すると、一般家庭40軒分450kW(仮定)の発電が可能といわれる。今回の実験の結果次第で、来年度以降の増設が検討される予定。都市部での展開が期待されるユニークなエネルギーに注目が集まりそうだ。


  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.