> > バイオ燃料の生産拡大には、再生産を担保する持続可能な仕組みづくりまず必要

バイオ燃料の生産拡大には、再生産を担保する持続可能な仕組みづくりまず必要

 印刷 記事を保存

みずほ情報総合研究所はこのほど、トヨタ自動車からの委託を受け、バイオ燃料を中心としたWell-to-Tank(一次エネルギーの採掘から燃料タンクに充填されるまで)におけるエネルギー消費量と温室効果ガス排出量に関する研究報告書を作成、発表した。同報告書によると、化石燃料よりも温室効果ガスを抑えられるバイオマスは地域の条件によって異なり、誤った方法ではかえって温室効果ガスを増やしてしまう虞れが高い。

バイオ燃料のWell-to-Tankの温室効果ガス調査報告書

みずほ情報総研では2004年にもさまざまな輸送用燃料を製造する際に排出される温室効果ガスに関する調査研究を行い、報告書をまとめている。当時と比べて、燃料に関わる動向が大きく変化していることから、今回の報告書では、新たなデータやさらなる情報を多数盛り込んだ。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.