> > 米ボーイング、世界各地で第二世代バイオ燃料テストフライト実施

米ボーイング、世界各地で第二世代バイオ燃料テストフライト実施

 印刷 記事を保存

テストフライトで使用されたボーイング747-300の機体。第3エンジンに混合バイオ燃料=カメリナ(42%)、ジャトロファ(7.5%)、藻(0.5%)のバイオ燃料とジェット燃料(50%)を混合したものが充填された。

2009年1月30日、JALはバイオ燃料によるテストフライトを実施した。同フライトにはボーイング社がコーディネータ役を務め、エンジンメーカーのプラット&ホイットニー社、燃料会社のUOP社、サステナブル・オイル社、日揮ユニバーサルが参加した。ボーイング社にとっては、ヴァージン・アトランティク航空、(イギリス)、ニュージーランド航空、コンチネンタル航空(米国)に次いで4回目のバイオ燃料テストフライトとなった。


  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.