> > さかなクン、生物多様性を語る

さかなクン、生物多様性を語る

 印刷 記事を保存

生物多様性の魅力を守り、引き出す企業に期待

「ちょっと一歩外に出てみれば、生物多様性には草木、魚、動物-すぐにたくさんのものに出会うことができます。」著名人による生物多様性の広報組織「地球いきもの応援団」メンバーであるさかなクンに、ビジネスパーソンが生物多様性について考えを深める手法を聞いた。

トビウオの仲間たち(トビウオ類)・クロマグロの漁場が...

さかなクン

さかなクン
東京海洋大学客員准教授、お魚らいふ・コーディネーター、環境省 地球いきもの応援団。魚や海・自然への興味を引き出し、漁業魚食と環境保全への理解が増すよう、全国規模で講演をいう。年齢は、成魚。

お魚の多様性は世界中で、およそ2万5千種。そのうち、なんと日本産で4000種以上が知られています。多種多様なお魚がくらす魅力いっぱいの国です。しかし、漁師さんの漁船に乗せていただき、沖で漁獲されるお魚を見ると、信じられない現実を目の当たりにすることがあります。

私のくらす千葉。房総半島では漁師さんの網により南方に分布し、今まで大量に獲れることのなかったギマやツバメコノシロが、時として大量にとれて漁師さんと一緒に"なんで?"と驚くことがあります。東北の海で、より南の海でとれるトビウオが大量にとれていたり、昨年(2008年)は、北海道の海でクロマグロの幼魚がたくさんとれ、漁師さんが驚かれていました。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.