> > 高度木質バイオマス利用のカギは林道整備 エコエネルギー・ツーリズム産業も発展

高度木質バイオマス利用のカギは林道整備 エコエネルギー・ツーリズム産業も発展

 印刷 記事を保存

高度木質バイオマス利用のカギは林道整備
―エコエネルギー・ツーリズム産業も発展

オーストリア政府は「環境と経済の両立」に向けて、特に国内企業が持つ環境技術の輸出に力を入れている。オーストリアの環境関連企業15社が参加して、3月16日に東京・恵比寿で開かれた「環境技術・森林技術・代替エネルギー シンポジウム」に伴い来日した、オーストリア農林環境水資源管理省のニコラウス・ベラコビッチ大臣に話を聞いた。

ニコラウス・ベラコビッチ氏

オーストリア農林環境水資源管理省 ニコラウス・ベラコビッチ氏

大臣オーストリアの京都議定書における第一約束期間(2008~12年)の温室効果ガス削減義務はマイナス13%だが、日本と同様、排出量は増加傾向にあり目標達成が厳しい状況。

今後どのような対策に重点を置いて目標達成を目指すかと聞くと「京都議定書の目標は農業、そして廃棄物の分野では既に達成している。しかし交通部門が最大の課題となっており、また産業部門や家庭の暖房でも課題が残されている。今後はこれらの分野における対策が重要となる。交通対策やバイオ燃料の利用、公共交通機関の利用促進、省エネ、そして建物の断熱などに特に力を入れていく」とのこと。

日本企業との協力体制を深化

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.