> > グリーン電力購入、エコ番組などラジオのグリーン化が加速

グリーン電力購入、エコ番組などラジオのグリーン化が加速

 印刷 記事を保存

TOKYO FMは2009年3月から、毎週月曜日の5時~24時を「グリーン・マンデー」として、グリーン電力を使用する。番組内容も、環境に関するニュースや情報を発信し、エコの充実を図っていく方針だ。

ラジオ放送のグリーン化が加速

染野室長

環境省・地球環境局 地球温暖化対策課 国民生活対策室の染野室長。TOKYO FMの番組「Blue Ocean」で環境に配慮した暮らし方の大切さを語った

TOKYO FMでは今年3月から毎週月曜日にグリーン電力による放送を開始した。グリーン電力はラジオ局に浸透しつつあり、福岡県域で受信できる「cross fm」では、2008年夏から年間50万kWhの電力をすべてグリーン電力でまかなっている。また、J-WAVEでは毎月1日と祝日にグリーン電力を使用して放送を行っている。

購入元はいずれも「日本自然エネルギー」で、各ラジオ局は風力、太陽光、バイオマス(生物資源)などの自然エネルギーにより発電された電力であることを証明する「グリーン電力証書」を受けた電力を購入することでCO2削減を目指すと同時に自然エネルギーの普及啓発に貢献する。TOKYO FMでは、放送に使用する電力(2000kWh)用にグリーン電力を購入しており、3~5月はバイオマスを使用した。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.