> > UL Japan、太陽電池の認証マーク「UL-JP」を発表

UL Japan、太陽電池の認証マーク「UL-JP」を発表

記事を保存
UL Japan、太陽電池の認証マーク「UL-JP」を発表

米国の第三者安全科学機関であるUL Inc.の日本法人であるUL Japanは、ULとして初めてとなる日本独自の認証マーク「UL-JP」を発表した。UL-JPマークは、UL Japanが提供する各種認証試験において適合性が証明された製品に貼付のうえ販売される。UL Japanは今後、UL-JPマークが適用される製品を、PVモジュールをはじめとするエネルギー関連製品からその領域を拡大させ、国内市場における利便性を高め、製品購入者の信頼と安心のマークとして、その認知を高めていきたい考えだ。

UL-JPマークは、ULがすでに提供している住宅用太陽光発電(PV)モジュールの安全及び性能試験に適用されることが決定した。JIS規格に基づいた認証試験を受け、適合性が証明されたPVモジュールにUL-JPマークが貼付される。UL-JPマークが貼付されたPVモジュールは、太陽光発電協会 太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)の「住宅用太陽光発電導入支援補助金」の対象である証明となる。

同時に、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を対象とするPVモジュールの安全性及び性能を担保する証明となる。加えて、設置者はPVモジュールにUL-JPマークの貼付を確認することで、購入時の安心と信頼の目安になる。など、同サービスは「地上設置の太陽電池モジュールの信頼性保証体制(設計製造及び性能保証)の要求事項」(JIS Q 8901)の認証取得の前提条件としても活用できる。

UL-JPマークの適用製品及び該当規格は、以下の通り。

■結晶系太陽光発電モジュール(認証有効期間:10年間)

・製品安全:JIS C 8992-1/2(IEC61730-1/2)
 ・製品性能:JIS C 8990 (IEC61215)

■薄膜系太陽光発電モジュール(認証有効期間:10年間)

・製品安全:JIS C 8992-1/2(IEC61730-1/2)
 ・製品性能:JIS C 8991 (IEC61646)

【参考】
ニュース - UL、太陽電池モジュールの信頼性に関する適合性認証サービス開始(2012/7/5)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.