> > トヨタ、プリウスを改良、家電が使えるコンセントを追加

トヨタ、プリウスを改良、家電が使えるコンセントを追加

記事を保存
トヨタ、プリウスを改良、家電が使えるコンセントを追加

トヨタ自動車は、「プリウス」を一部改良し、停電時などに非常用電源として使える機能を備えたハイブリッド車として、10月22日から発売すると発表した。オプション設定で、家庭と同じAC100V電源を1,500Wまで使用可能とするアクセサリーコンセントを車内2カ所に追加できる(「L」グレードを除く)。これにより停電などの非常時に車両から給電することができる。

また、家庭で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」を一部改良し、11月1日に発売する。この一部改良では、車内2カ所に設置するAC100V電源を1500Wまで使用可能とするアクセサリーコンセントと、充電ポートに差し込んでドアや窓を閉じた状態でも車外への電源供給を可能とするヴィークルパワーコネクターをセットでオプション設定とした。

これにより、停電などの非常用電源として使用できる。また、プリウスPHVでは、ビジネスユースを狙いに装備をシンプルにした新グレード「L」を設定し、従来価格(消費税込み)より15万円コストを抑えた305万円で発売する。

アクセサリーコンセントのオプション価格はプリウスが6万3,000円で、プリウスPHVは9万4,500円。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.