> > ブリヂストンなど、乗用車向け超低燃費タイヤ用ゴムの技術開発に成功

ブリヂストンなど、乗用車向け超低燃費タイヤ用ゴムの技術開発に成功

 印刷 記事を保存

ブリヂストンは、NEDOのナノテク・先端部材実用化研究開発の一環として、乗用車向け超低燃費タイヤ用ゴムの技術開発に成功したと発表した。今回の研究では、ゴム材料中の各部材の空間配置をナノサイズで最適化する「三次元ナノ階層構造制御技術」の開発により、従来の乗用車用低燃費タイヤ用ゴム対比でエネルギーロスを44%以上低減、耐摩耗性能を26%以上向上させた。

今後、ブリヂストンが本研究開発で得られた評価・解析・予測法について、自社の材料設計技術である「ナノプロ・テック」と融合させながら、現行の低燃費タイヤ用ゴム開発に適用をしていく。現在市販されている低燃費タイヤ(低燃費タイヤの転がり抵抗ラベリンググレード5AA~AAA相当)対比で転がり抵抗をさらに20%低減したタイヤの開発を目指す。

本プロジェクトでは、NEDOによる支援のもと、ブリヂストン、JSR、東北大学、九州大学、産業技術総合研究所が産学官連携のオープンイノベーション研究体制を構築し、世界最高水準の分析、解析、計算、材料技術を融合させることで目標を達成した。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.