経産省、コジェネの導入促進に向けて電気事業制度の許可基準を緩和

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

経済産業省 資源エネルギー庁は、コジェネレーションシステム(熱電併給)を導入しやすい環境を整備する観点から、電気事業制度の運用改善を行い、電気事業法上の「特定供給」の許可を行うにあたっての許可基準を緩和する。

工業団地などでコジェネにより発電した電気を供給する場合、電気事業法上の「特定供給」の許可を受ける必要があるが、現行の審査基準においては、供給者の発電設備により需要の100%を満たすことが要件とされている。今回、コジェネを含む分散型電源の導入促進を図るため、当該発電設備により需要の50%以上を満たし、不足分は電力会社等からバックアップを受けることで全ての需要を満たす形での供給を行うことを可能とする制度の運用改善を行う。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報