> > 丸紅、大分県にメガソーラーを建設 単一事業者・1カ所での発電は国内最大級

丸紅、大分県にメガソーラーを建設 単一事業者・1カ所での発電は国内最大級

記事を保存
丸紅、大分県にメガソーラーを建設 単一事業者・1カ所での発電は国内最大級

丸紅は、子会社の丸紅エネックスと昭和電工等が大分県大分市の大分臨海工業地帯6号地に所有する土地合計約105haに、メガソーラーを建設し、発電事業を行うと発表した。発電出力は8万1500kWで、単一事業者による1ヶ所での事業規模としては国内最大級。

今後、丸紅が100%出資する運営会社を新設し、今年11月に着工、2014年3月に発電所を完成させ操業を開始する予定。年間予想発電量は8,700万kW/時で、一般家庭約3万世帯分の年間消費電力量に相当。同事業の実施により、丸紅が保有する再生可能エネルギーによる発電出力は、全世界7ヶ国で合計531.5MWに達する。

発電した電力は、20年にわたり九州電力に売電。これにより長期間使用されずにいた遊休地の有効活用だけでなく、発電・保守・トラブル等のデータを収集し、今後のメガソーラー案件開発において事業リスク試算に役立てる。

丸紅では、社内横断組織の太陽光・リチウム・スマートコミュニティ戦略委員会が中心となり、メガソーラー等の環境ビジネスへの取り組みを推進している。今回の事業は、エネルギー第一部門と電力・インフラ部門の共同プロジェクトで、化学品部門が扱う太陽光パネルを採用するなど、複数の部門が連携して取り組んでいる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.