> > エプソン、有機ELインク製造に必要なインク化技術をメルクに供与

エプソン、有機ELインク製造に必要なインク化技術をメルクに供与

記事を保存

セイコーエプソンは、インクジェット方式による大型有機ELディスプレイの量産を加速させるため、世界的な医薬品・化学会社メルク(Merck KGaA:ドイツ・ダルムシュタット市)と提携すると発表した。同社は、有機ELテレビ用ディスプレイを製造するための、有機EL材料を溶解するインク化技術をメルクに供与する。

両社は10月24日、有機EL(OLED)ディスプレイ向けインクジェット用インクに関して協力関係を結び、インク化技術の供与について合意した。合意の詳細は発表されていない。

大型有機ELディスプレイの製造において、インクジェット方式は、従来のマスク蒸着方式が抱えていた多くの生産上の課題を解決するといわれている。インクジェット方式による量産を実現するためには、長寿命の有機EL材料と、有機EL材料を正確かつ高速で吐出(印刷)するためのインク化技術が必要不可欠となっている。メルクはインクジェット方式による製造に適した長寿命で高品質な有機EL材料を提供する能力を有する。一方、エプソンは有機EL材料をインクに加工し、このインクをインクジェット方式の製造装置から吐出させる技術を有する。今回の提携により、両社の持つ強みを組み合わせ、有機ELインクの実現を目指す。

メルクは、同社の印刷に適した有機EL材料は、大幅にディスプレイパネルの製造コストを削減できるもので、本提携により従来の技術ではコスト的、技術的に難しいとされてきた大型有機ELディスプレイの量産が可能となるとしている。産業分野でインクジェット技術を生かした事業を展開しているエプソンは、今回の合意はインクジェット技術が従来の製造プロセスを革新する一例であるとしている。

両社は、インクジェット方式による有機ELテレビ製造を可能にする業界標準インクのロードマップを作成するなど、今後も連携を続けていく。さらに、メルクは、将来にわたって有機ELテレビ業界の要望に応えるために、インクの商品化を進めていく。メルクは、有機ELインクにおいてエプソンと協業を通じ、現在および将来のテレビ用ディスプレイ関連技術の開発に積極的に取り組む考えだ。

市場調査によると、有機ELテレビは、液晶テレビに次ぐシェアとなり、2017年には、販売されるテレビ用ディスプレイパネルの93%が液晶テレビ用、残りの7%を有機ELテレビ用が占めるようになり、有機ELテレビ用ディスプレイパネルはその後も拡大が続くと予想されている。

大型化が進むディスプレイの省エネ化が求められる中、有機ELディスプレイは、低消費電力、高効率発光などを同時に実現する次世代ディスプレイ技術として期待されている。しかし、現時点で40インチ以上の大型有機ELディスプレイを製造するプロセス技術は確立されていない。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.