> > NEDO、ITを活用した社会システムの実証事業を採択 スマートシェアリングや農業で

NEDO、ITを活用した社会システムの実証事業を採択 スマートシェアリングや農業で

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ITデータの活用により新産業の創出を目指すIT融合プロジェクトの公募結果を発表し、フィージビリティスタディ等を実施するものとして4分野 計18件のテーマを採択した。

同プロジェクトでは、「都市交通」、「ヘルスケア」、「農商工連携」の3分野について、次世代の持続可能な社会システムを実現するビジネスモデルを構築するとともに、それらを支える「データ処理基盤」に関する先導研究を実施する。これによりパーソナルモビリティのスマートシェアリングシステムに関する研究開発や、土壌や農産物品質等のモニタリングから得られるデータを利用した高品質農作物の生産・出荷を支援するサービスの開発など、IT融合による新産業創出を目指す。

「都市交通」、「ヘルスケア」、「農商工連携」の3分野では、2013年度末を目途にフィージビリティスタディ等を行い、実用化が見込まれるテーマに絞り込んだのち、2014年度以降に本格的な実証事業を開始する。研究期間は2012~2016年度。総事業費は約98億円。

採択案件の例は、以下の通り。

【都市交通(6件採択)】

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.