> > 明治大学、日本海とオホーツク海で新しい天然ガス資源を発見

明治大学、日本海とオホーツク海で新しい天然ガス資源を発見

 印刷 記事を保存

明治大学の研究・知財戦略機構の特定課題研究ユニットの一つであるガスハイドレート研究所を中心とする「表層ガスハイドレート研究コンソーシアム」は、2011年、2012年の夏に行った調査において、日本海とオホーツク海の排他的経済水域内に上越沖と同様の「表層ガスハイドレート」が複数の海域に分布することを明らかにした。

「ガスハイドレート」は、メタンやエタンなどの炭化水素ガスと水分子がつくる氷状の固体物質で、新しい天然ガス資源として注目されている。このうち「表層ガスハイドレート」は、物理探査データなどから海底下数10mまで分布すると推定されており、今回の発見は、日本海やオホーツク海と同様の地質条件の他の海盆にもたくさんの表層ガスハイドレート/ガスチムニーが分布することを示唆していることから、今後の調査展開が期待されている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.