> > 北海道電力、池田町・本別町に合計3MWのメガソーラー建設

北海道電力、池田町・本別町に合計3MWのメガソーラー建設

記事を保存
北海道電力、池田町・本別町に合計3MWのメガソーラー建設

北海道電力は、ほくでんグループにおける再生可能エネルギー事業の中心会社 ほくでんエコエナジーが、北海道中川郡池田町、本別町の2地点において各1500kW、合計3000kWのメガソーラー発電所を建設すると発表した。

池田町に建設する「池田メガソーラー発電所(仮称)」の想定発電電力量は、年間約180万kWh、想定CO2排出量削減効果は、年間約900t。 2013年4月に着工し、2013年12月に運転開始予定。本別町に建設する「本別メガソーラー発電所(仮称)」の想定発電電力量は、年間約170万kWh、想定CO2排出量削減効果は、年間約800t。2014年4月に着工し、2014年12月に運転開始予定。

同グループでは、再生可能エネルギー普及拡大に向けて、2020年度までに合計5000kW程度のメガソーラー導入を目指し取り組みを進めており、2011年6月には、当社グループ初となる「伊達ソーラー発電所」(1000kW)の運転を開始している。

【参考】
北海道電力 - 池田町、本別町におけるメガソーラー発電所の建設について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.