> > 日本IBM・MCT、双方向性HEMS試行サービスで連携、約1,000戸の集合住宅で実証

日本IBM・MCT、双方向性HEMS試行サービスで連携、約1,000戸の集合住宅で実証

 印刷 記事を保存

モバイルシティ・ジャパン(MCT)は日本IBMと連携し、電気消費量の見える化を中心としたホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)の試行サービスを、約1,000戸の既築集合住宅を対象に、11月より順次開始する。

日本IBMは、本サービスにおいてデータ管理者として、電力使用に関するデータ収集、管理等を行うシステム構築ならびに運用を行う。両社は、既設集合住宅や戸建における住宅のエネルギー管理サービスで協業し、新たな市場創出に向けて事業を進めていくと発表した。

HEMSは、家庭内のエネルギーの見える化や機器の遠隔操作等の機能を通じて、住居者の省エネ行動をサポートするシステム。現在の市場導入されているHEMSの多くは、住居者が自発的に見に行くという、能動的なエネルギーの見える化にとどまっており、住居者へ分析結果やアクション等のアドバイスを行うような受動的な見える化は実現されていない。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.