> > 10月の自動車販売台数、プリウス首位陥落 アクアが初1位

10月の自動車販売台数、プリウス首位陥落 アクアが初1位

記事を保存
10月の自動車販売台数、プリウス首位陥落 アクアが初1位

日本自動車販売協会連合会は、10月の乗用車車名別販売台数を発表した。これによると、1位はトヨタの小型HV「アクア」で2万4192台。昨年12月の発売以来、初めて首位を獲得した。前月まで16カ月連続で首位をキープしていたトヨタのハイブリッド車(HV)「プリウス」は、1万8116台で2位に後退した。

「アクア」は、ガソリン1リットルあたり35.4kmで、現在販売されているHVでは最も低燃費。車体がコンパクトな分、価格も「プリウス」に比べて約50万円安い169万円~と割安感があり、人気を集めたようだ。

3位には、日産の小型車「ノート」が1万7台、4位にはホンダ「フィット」が9318台でランクイン。いずれも前月と同順位をキープした。5位には、トヨタ「スペイド」が6180台でランクインし、前月11位から大きく順位を上げた。

一方、全国軽自動車協会連合会の10月の軽四輪車通称名別新車販売台数によると、1位はホンダの「NBOX」で1万8203台。前月首位だったスズキ「ワゴンR」は1万5946台で、2位に後退。3位には、ダイハツ「ミラ」が1万3837台でランクインした。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.