> > J:COM、電気と通信サービスをセット販売 電気料金最大約10%オフ

J:COM、電気と通信サービスをセット販売 電気料金最大約10%オフ

記事を保存

ジュピターテレコム(J:COM)は、マンションの電気料金を削減する「マンション向け電力一括受電サービス」を開始する。本サービスは、同社が電力単価の安い高圧電力を一括契約して、居住者へ供給することで、従来の電力会社と契約するよりも安く電力を提供するもの。

また、同社の放送・通信サービスとセットで契約すると、さらに安く電力を提供する。電力と放送・通信サービスをセットで提供するのは日本初の取り組みとなる。12月を目途に杉並区で先行してサービスを開始し、来年以降順次、各J:COMエリアでの展開を目指す。

本サービスでは、J:COMは住友商事グループの国内電力事業会社であるサミットエナジーから電力の供給を受け、入居者に提供する。J:COMがマンション単位で一括契約を締結することにより、マンションに居住する顧客は、従来の電力会社と契約するよりも安く電力を利用できるようになる。

今回、先行して開始するサービスでは、マンションオーナーおよび入居者の同意を得た既築マンション(約50世帯)に対し、J:COMが割安な電力を提供する。電力契約のみの場合、今使用している電気料金よりも7%程度安くなるほか、J:COMの放送・通信サービス(ケーブルテレビ、高速インターネット接続、固定電話)とセットで契約すると10%程度電気料金を安く提供する。また電力提供に伴う電気設備の設置や工事、運用やメンテナンスはJ:COMが一括して行う。

J:COMは、国内最大手のケーブルテレビ事業・番組供給事業統括運営会社。ケーブルテレビ事業では、札幌、仙台、関東、関西、九州エリアの16社51局を通じて約371万世帯の顧客にケーブルテレビ、高速インターネット接続、電話等のサービスを提供している。ホームパス世帯(敷設工事が済み、いつでも加入できる世帯)は約1,384万世帯。

同社は中期事業計画で発表した「J:COM Everywhere」構想のもと、放送・通信サービスを核とした、地域の顧客の生活に役立つ様々なサービスを"ワンストップ"で提供することを目指している。今回のマンション向け電力提供はその一環であり、放送・通信のサービスに加えて、生活に欠かせないライフラインである「電力」を提供することで、これまで以上に地域に密着したサービスに展開を目指していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.