> > ホンダ、超小型EVと新型ハイブリッドシステムを発表

ホンダ、超小型EVと新型ハイブリッドシステムを発表

記事を保存
ホンダ、超小型EVと新型ハイブリッドシステムを発表

ホンダは、超小型電気自動車(EV)「マイクロコミュータープロトタイプ」と、軽量コンパクトなハイブリッドシステム「スポーツ・ハイブリッド・インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ」を発表した。

超小型EVは、国土交通省主導で検討されている超小型モビリティーの車両区分と欧州L7カテゴリーを視野に入れた近距離移動用車。プロトタイプの設計コンセプトである「Variable Design Platform」を採用した車両で、2013年から日本での実証実験を開始する。 実証実験では、子育て層や高齢者層の近距離圏内の日常的な移動支援のほか、宅配や通勤、カーシェアリングなどさまざまな用途での可能性を検証する。

このプロトタイプは、2011年の東京モーターショーで初公開したコンセプトモデルを進化させ、超小型ボディでありながらドライバーと子ども2名の乗車を実現。バッテリー、モーター、コントローラーなどを床下とリアスペースに配置し、動力機能をコンパクトに完結させたプラットフォームであるVariable Design Platformを採用することで、さまざまな用途や顧客の要望に合ったボディや内装を、既存の自動車より比較的容易に開発・生産することを可能にした。

また、個人所有のタブレット端末をそのまま使用し、メーター類の表示やナビゲーション、オーディオ、バックモニターなどの機能に応用したり、ルーフに設けた太陽電池でタブレットのバッテリーを充電することが可能。

一方、新型ハイブリッドシステムは、走りと燃費を高次元で両立させる新世代パワートレイン技術「アース・ドリームス・テクノロジー」の一つとして開発されたもので、小型車に最適な1モーターのシステム。クラストップレベルの燃費に加え、従来モデルを超える力強い加速と走りが特長。新開発の直列4気筒1.5Lアトキンソンサイクルエンジンに、高出力モーター内蔵の7速DCTとリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、従来型の1モーターハイブリッドシステムに比べて、30%以上の効率向上を実現した。

SPORT HYBRIDラインアップ

これにより同社は、中型車に最適な2モーターを採用した世界最高効率の「スポーツ・ハイブリッド・インテリジェント・マルチ・モード・ドライブ」、大型車に最適な3モーターを採用して左右の駆動力を自在に制御する「スポーツ・ハイブリッド・スーパー・ハンドリング・オール・ホイール・ドライブ」と合わせて、クルマの特性に合った3つのSPORT HYBRIDシステムをそろえることになる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.