> > 福島県に放射能汚染された草木などを燃やしてバイオマス発電する実験プラント

福島県に放射能汚染された草木などを燃やしてバイオマス発電する実験プラント

 印刷 記事を保存

産業技術総合研究所は、東電環境エンジニアリングと共同で、植物系放射性セシウム汚染物を除染・減容する技術を開発し、その実証試験プラントを福島県双葉郡川内村に設置したと発表した。このプラントでは、数トンの植物系放射性セシウム汚染物を試験的に焼却し、汚染物の1000分の1の量のプルシアンブルー(PB)ナノ粒子吸着材で放射性セシウムを回収することを目指す。

これによって、今後設置される除染廃棄物用の中間貯蔵施設における必要容積の低減が期待される。また、汚染物焼却時の燃焼熱を利用してバイオマス発電を進める場合の基盤技術となることも期待される。

両社が今回開発したのは、植物系放射性セシウム汚染物を焼却し、生じた焼却灰を除染した後、抽出された放射性セシウムをPBナノ粒子吸着材で回収する技術。設置したプラントでは、開発した技術の実証とプラントの運転条件最適化を目的として、実証試験を開始する。

今回の実証試験プラントの位置づけと熱利用

今回の実証試験プラントの位置づけと熱利用

具体的には、この実証試験プラントで行う放射性セシウム汚染物の除染減容工程は、燃焼・熱回収装置と、放射性セシウム除染回収装置による工程からなる。燃焼・熱回収装置では、植物系放射性セシウム汚染物を燃焼し、灰化により減容するとともに、熱交換器を用いて温水を生成する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.