> > 環境省、企業の温室効果ガス排出量の算定・検証についてシンポジウムを開催

環境省、企業の温室効果ガス排出量の算定・検証についてシンポジウムを開催

 印刷 記事を保存

環境省では、温暖化対策推進の一環として、企業の温室効果ガス(GHG)排出量の算定・報告・検証(MRV)を推進するため、MRVを巡る動向の調査に取り組んでいる。今回、本調査等を踏まえ、12月17日に「グリーン経済社会を見据えた日本企業のグッドプラクティスの紹介~温室効果ガス排出量の算定・検証を巡る動向を踏まえて~」と題し、シンポジウムを開催する。

本シンポジウムでは、企業のGHG排出量算定ご担当者、環境・CSR部門担当者を始め、温室効果ガスの算定等に取り組む実務者を対象に、企業におけるMRVの取組の促進や継続的改善に役立ててもらうことを目的とし、GHG排出量のMRVを巡る国際動向を広く紹介するとともに、グリーン経済社会を見据えた日本企業のグッドプラクティスとして先進事例を企業から発表する。

開催日時は12月17日(月)13:30~17:00(13:00開場)、場所は東京コンファレンスセンター品川 大ホールB。参加費は無料で、定員は150名。先着順に申し込みを受け付ける。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.