> > 個人向け「DMMソーラー」申込み件数が15,000件を突破

個人向け「DMMソーラー」申込み件数が15,000件を突破

記事を保存

無店舗型デジタルコンテンツ配信、DVD販売、DVDレンタル事業等を行うDMM.comは、2012年2月15日より申込み受付を開始した太陽光発電サービス「DMMソーラー」について、シミュレーションの申し込みがあった件数が、11月9日にて15,000件を突破したと発表した。

「DMMソーラー」は、同社が運営する設置にかかる初期費用を大幅に低減した太陽光発電サービス。本サービスの契約者は、サービス契約費用80,000円(消費税抜)と補助金相当額の負担でソーラーパネルを設置することができる。2月15日にサービスならびに申し込みの受付を開始した。シミュレーションの申し込みはDMMソーラー専用ダイヤル、またはウェブサイトの問い合わせフォームにて受け付けている。

また、同社では、同日以降、契約の条件を満たした申し込み者の住宅への取り付けを順次行っている。具体的な申し込み者の契約条件としては、

  1. 発電量(日照量・屋根の形状)が同社の規定に達すること
  2. 10年間の契約を行うこと
  3. 築30年未満の家・建物の所有者であること(または同意を受けていること)
  4. 有線LANでインターネットを使える環境が整っていること
  5. 補助金制度の利用に同意すること
  6. 設置費用8万円と補助金相当額を用意できること

の6つをあげる。

同社は、住宅用太陽光発電については以前より、「初期投資が高額である」、「投資の回収にかかる期間が不透明である」といった声もあり、一般住宅向け太陽光パネルの普及率は1.8%(2012年4月時点。総務省統計局の資料から算出)にとどまり、低い水準を維持していると指摘する。このような現状に呼応するべく、需要側の負担が少ない新しいスキーム(特許出願中)の太陽光発電システムサービス、DMMソーラーを、北海道、青森県、秋田県、山形県、沖縄県の一道四県、国内の離島を除くエリアにて開始した。

本サービスでは、同社と本サービスに関する契約(契約期間10年間)を締結した契約者に対して、同社が設置にかかる初期費用を大幅に低減したDMMソーラーを提供するもの。同社は、契約者と発電量を8:2で10年間レベニューシェア(分配)契約をすることで投資の回収を行い、契約終了後は、発電量の全てを本サービスの契約者に完全に引き渡す予定。

また、本サービスの設置契約者に対しては、お得になった電気料金と、日々の発電量をグラフで確認できるユーザーサイトの「エコみる」を活用し、「電力見える化」を提供している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.