> > 熊本県、小水力発電の工事事業者を募集

熊本県、小水力発電の工事事業者を募集

記事を保存
熊本県、小水力発電の工事事業者を募集

熊本県は、小水力発電の導入モデル事業を実施するに当たり、本工事に関する提案を募集すると発表した。本工事は、幸野溝土地改良区の用水路に、小水力発電設備の設計条件に適した小水力発電施設を設置するもの。

今回、施設設置を予定している箇所は、10m程度の落差が確保できるものの流量が少なく、期別により流量が変動するという特徴がある。この条件下で、年間発電量が大きく、発電効率や耐久性に優れ、維持管理時の負担が少なく、イニシャルコストやランニングコストが少ない提案を募集する。

予算上限額は2,500万円(消費税及び地方消費税込み)。提出期限は11月29日(午後5時15分必着)。12月上旬に審査会(プレゼンテーション実施)、提案の選定・決定を行い、12月中旬に契約を締結する予定。事業の実施期間は契約締結日から平成25年3月22日まで。

同県では、電力を使用する土地改良施設の維持管理費の軽減やCO2削減による環境貢献とともに、農業振興に繋げていくため、小水力発電の導入モデル事業を行うとしている。今回の工事は、平成24年度幸野溝地区小水力発電導入モデル事業第1号工事として実施するもの。

具体的な工事内容としては、小水力発電施設の実施設計業務、小水力発電施設の製作・据付工事、電気事業者等との協議に必要な資料作成業務、国土交通省との協議等に必要な資料の作成、流量観測、工事全般などをあげている。発電した電力は全量を売電する。

【参考】
熊本県 - 幸野溝地区小水力発電導入モデル事業第1号工事の公募に関して

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.