> > 日本コカ・コーラ、「ピークシフト自販機」を2013年度中に25,000台設置

日本コカ・コーラ、「ピークシフト自販機」を2013年度中に25,000台設置

 印刷 記事を保存

日本コカ・コーラは、富士電機と共同で開発した、夏の日中消費電力を95%削減するとともに、冬の電力抑制にも貢献する「ピークシフト自販機」を、2013年1月から全国で設置を開始すると発表した。初年度の設置目標台数は25,000台。

「ピークシフト自販機」は電力逼迫に対する持続的な対応として開発した自動販売機。1年のうちで電力消費がピークとなる夏の日中に、コールド製品冷却のための電力ゼロを達成することを目的に断熱性および気密性を高めた。これらのピークシフトテクノロジーの採用により、冷却のための電力使用を、一般的に電力使用が「ピーク」となる日中から、比較的電力に余裕がある夜に「シフト」している。

その結果、夏の日中に冷却用の電力を使わず消費電力を95%削減しながら最長16時間冷たい製品を提供することを可能にした。さらに、冬に一部製品を加温する際も、使用するヒーターの消費電力が従来機と比べて20%少なくなり、冷却に使用する消費電力とあわせても、68%の消費電力削減となることがわかっている。

ピークシフトテクノロジーを実現させた具体的な工夫として、「全体冷却」「断熱効果向上」「気密性向上」の3つをあげる。

「全体冷却」では、従来の自動販売機が販売状況に応じて収容製品の一部のみを冷却していたのに対し、「ピークシフト自販機」では、比較的電力に余裕がある夜間に収容製品の全量を冷却し保冷機能を高めることで、長時間冷却を停止しても、製品の温度上昇を抑制する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.