> > 日本コカ・コーラ、「ピークシフト自販機」を2013年度中に25,000台設置

日本コカ・コーラ、「ピークシフト自販機」を2013年度中に25,000台設置

記事を保存
日本コカ・コーラ、「ピークシフト自販機」を2013年度中に25,000台設置

日本コカ・コーラは、富士電機と共同で開発した、夏の日中消費電力を95%削減するとともに、冬の電力抑制にも貢献する「ピークシフト自販機」を、2013年1月から全国で設置を開始すると発表した。初年度の設置目標台数は25,000台。

「ピークシフト自販機」は電力逼迫に対する持続的な対応として開発した自動販売機。1年のうちで電力消費がピークとなる夏の日中に、コールド製品冷却のための電力ゼロを達成することを目的に断熱性および気密性を高めた。これらのピークシフトテクノロジーの採用により、冷却のための電力使用を、一般的に電力使用が「ピーク」となる日中から、比較的電力に余裕がある夜に「シフト」している。

その結果、夏の日中に冷却用の電力を使わず消費電力を95%削減しながら最長16時間冷たい製品を提供することを可能にした。さらに、冬に一部製品を加温する際も、使用するヒーターの消費電力が従来機と比べて20%少なくなり、冷却に使用する消費電力とあわせても、68%の消費電力削減となることがわかっている。

電力使用のピークシフト

電力使用のピークシフト

ピークシフトテクノロジーを実現させた具体的な工夫として、「全体冷却」「断熱効果向上」「気密性向上」の3つをあげる。

「全体冷却」では、従来の自動販売機が販売状況に応じて収容製品の一部のみを冷却していたのに対し、「ピークシフト自販機」では、比較的電力に余裕がある夜間に収容製品の全量を冷却し保冷機能を高めることで、長時間冷却を停止しても、製品の温度上昇を抑制する。

「断熱効果向上」では、従来のウレタン素材に替え、10倍の断熱性能を持つ真空断熱材をより多く採用することで、熱性能を高め外気温の影響を受けにくくした。

「気密性向上」では、扉の気密性を高める改良を行い、冷気が逃げにくくする工夫を施した。これらの取り組みにより、補充した常温の製品を冷却するまでに掛かる時間が従来機より約25%も早くなり、政府の節電要請に応えつつ、冷たい製品を提供することが可能になった。

同社では、「ピークシフト自販機」の市場への本格導入に向け、研究施設での実験に加え7月からの2ヵ月間、猛暑で有名な埼玉県熊谷市、および岐阜県多治見市周辺において各6台ずつ、フィールドテストを実施し、これらの省エネ効果が得られることを検証した。

また、「ピークシフト自販機」は冷却運転のためのコンプレッサーを長時間停止させることから運転音が発生せず、病院やオフィスのように静けさが求められるロケーションの設置にも適している。

日本コカ・コーラでは、2011年の東日本大震災後、業界に先駆けて、自動販売機における夏期の具体的な輪番による冷却停止の施策を発表し、実行した。2011年冬期にもエリアを広げて節電を実施し、2012年夏には沖縄県を除く全エリアにおいて、輪番による冷却停止による15%の使用電力削減実施を発表し、7月2日より取り組みを実施した。

さらに、コカ・コーラでは、新規購入する自動販売機の全台を2011年よりノンフロン化し、2012年以降は缶・PET自動販売機全台にLED照明を搭載するなど、環境への取り組みを推進している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.