> > 三菱重工、寒冷時に高効率に暖房できる空冷ヒートポンプ装置を開発

三菱重工、寒冷時に高効率に暖房できる空冷ヒートポンプ装置を開発

記事を保存
三菱重工、寒冷時に高効率に暖房できる空冷ヒートポンプ装置を開発

三菱重工業は、業界トップのCOP冷房時4.13、暖房時4.18を達成した空冷ヒートポンプモジュールチラー「Voxcel(ボクセル)」を開発し、12月から販売を開始する。同製品は、外気温度がマイナス10℃の低温下でも定格比最大150%の高い能力を発揮し、寒冷時に高効率に暖房できるのが特長。

外気温度がマイナス10℃で屋内との温度差が30℃と大きい時や建物自体が冷えている早朝時など、暖房負荷が一時的に高くなるニーズに、設備を増設せずに対応できる。また、圧縮機をマルチポート化することにより高効率化を実現。冷房・暖房とも省エネ性が高く、ランニングコスト、CO2排出量は、同社従来機対比40%削減を実現した。

同製品は30、40、50、60馬力(67kW~160kW)の4種をラインアップしユニットを連続設置する方式で、連結最大120台(最大7,200馬力、19,200kW)まで対応可能。また、同社の熱源総合制御システム「エネコンダクタ」により、本機を最大120台まで一括制御できるうえ、ターボ冷凍機とも組み合わせることが可能で、熱源システム全体を最適制御し省エネを実現する。

また、各モジュールは冷媒回路が独立しており、モジュールごとに運転・停止が可能。冬季には、モジュールごとに最適なタイミングで霜取運転をすることで効率的な暖房運転ができる。

なお「COP(Coefficient Of Performance)」は、熱源機のエネルギー消費効率を示す成績係数のことで、値が大きいほど省エネ性が高い。また「チラー」とは、ビルや工場など大型施設の空調熱源や各種産業装置等の温度を一定に保つための装置の総称。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.