> > 東京モノレールに地上蓄電設備、停電時でも最寄駅まで走行可能に

東京モノレールに地上蓄電設備、停電時でも最寄駅まで走行可能に

記事を保存

川崎重工は、東京モノレールから世界で初めて非常時走行を目的とした鉄道システム用地上蓄電設備(BPS:Battery Power System)を受注したと発表した。今回受注したBPSは、同社が開発した大容量ニッケル水素電池「ギガセル」40モジュールで構成される2並列のシステム。2013年3月に品川変電所に設置される。

また、2013年度には多摩川変電所へ設置される予定で、この2変電所へのBPS設置により、停電等で電車が駅間に停車しても最寄り駅へスムーズに移動させることが可能になる。これにより乗客を安全に退避させることができるようになる。

東京モノレールでは、2011年3月に発生した東日本大震災を契機に、電力会社からの電力供給が止まって電車が駅間に停車した非常時の場合における、乗客の安全性確保の方策を検討した。川崎重工は、回生電力を効率的に蓄電・貯蔵できるBPSを用いて、電車を最寄り駅に移動させる非常時走行を提案し、今回の受注に先駆けて東京モノレールと勝島変電所で2011年4月にBPSの実証試験を行い、BPSの非常時走行能力を確認した。

BPSを構成するギガセルは、高速充放電が可能で負荷応答性能が高く、安全性に優れたニッケル水素電池。このBPSの特長として、チョッパ装置などの電力変換装置なしで架線と直結できるため、設備の低コスト化および小型化が図れること、また、このような制御装置を介さないことから制御遅れや変換損失がなく、高い省エネ効果が得られ、かつ信号設備に対する誘導障害の原因となる高調波を発生させないこと、をあげる。

これまで、鉄道変電所に利用される蓄電設備には大容量のものはなかったが、今回ギガセルが初めて蓄電池による電車の非常時走行を可能にした。今後、東京モノレールで回生車両の導入が増加した場合は、既に他の鉄道事業者が利用しているBPSと同様に省エネルギー効果が見込まれる。

川崎重工は、回生電力の有効利用による省エネルギー化や架線電圧の安定化を主な目的として、実証試験を含めて国内外の鉄道事業者に複数のBPSを納入した実績を有する。今回の受注は、BPSの非常時走行能力と省エネルギー性が総合的に評価されたものとしている。BPSによる非常時走行は、大規模地震発生時の有効な対策として、モノレール会社や地下鉄事業者をはじめ多くの鉄道事業者から関心を寄せられている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.