> > 滋賀食肉センターのメガソーラーは初期投資ゼロ

滋賀食肉センターのメガソーラーは初期投資ゼロ

記事を保存
滋賀食肉センターのメガソーラーは初期投資ゼロ

京セラ子会社の京セラソーラーコーポレーション(KSC)と大阪ガス子会社のエナジーバンクジャパン(EBJ)は、滋賀食肉センター内(滋賀県近江八幡市)に約2,000kWの太陽光発電設備を設置する。平成25年10月に竣工、11月までに売電を開始する予定。

滋賀食肉公社は、平成24年9月に滋賀食肉センターの未利用地などを有効活用することを目的に太陽光発電施設の設置および運営管理を行う事業者の公募を行った。これにEBJとKSCが共同で応募し、このたび事業者として採択を受けた。今回、3者は本事業の実施についての基本協定の締結に向けて合意した。

今回の太陽光発電事業は、EBJが独自のファイナンス技術を活用してスキームを構築し、滋賀食肉公社は事業用地および屋根の提供・維持・管理、ならびに発電設備の保安・管理業務などを行う。KSCは太陽光発電パネルの手配に加え、太陽光発電システムの設置・保守メンテナンスを行う指定代理店の紹介、環境意識の向上を目的とした近隣の小学校への環境授業などを行う。一般電気事業者との売電契約はEBJが締結し、EBJが売電により得た収益から滋賀食肉公社へ売電量に応じて賃借料などを支払う予定。

EBJは、大阪ガスがエネルギーサービススキーム「ECOWAVE」で培ったファイナンス技術を活用し、再生可能エネルギーを普及することを目的に設立した100%子会社。「ECOWAVE」は、顧客が初期投資を行なわず省エネルギー設備を導入できるサービススキーム。

本スキームでは顧客先に省エネルギー設備を持ち込み、熱・電力などのエネルギーを供給し、大阪ガスはその対価として使用になった熱・電力などのエネルギー量に応じたサービス料金を顧客から受け取る仕組みになっている。

EBJでは、このスキームを太陽光発電設備に適用した「SOLAR-ECOWAVE」を活用し、顧客の土地・屋根などに太陽光発電設備の設置などを進めている。KSCは、京セラが国内の太陽光発電システムの販売・施工・保守メンテナンスを一貫して行うことを目的に設立した100%子会社。太陽光発電システムの普及を促進している。

本事業では、滋賀食肉センターの土地及び屋根(約 37,000m2)を活用して、設備容量約2,000kWのメガソーラーを設置する。年間発電量は約2,00万kWh(20年間平均)を見込み、これは一般家庭約550世帯分の年間電力消費量に相当する。屋根に設置した太陽光発電設備と小規模蓄電池を組み合わせ、停電時に非常用電源として地域住民が利用できるようにする予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.