> > 2020年の国内スマートコミュニティ市場は11年比3.4倍の3.8兆円に拡大

2020年の国内スマートコミュニティ市場は11年比3.4倍の3.8兆円に拡大

 印刷 記事を保存

国内スマートコミュニティ関連市場は、2011年に1兆1,221億円となったが、2012年は前年比30.9%増の1兆4,683億円、2020には2011年比3.4倍の3兆8,008億円となる見込み。次世代交通・インフラ及びクリーンエネルギー領域が牽引する形で市場拡大する。総合マーケティング会社の富士経済が、2012年7月から9月にかけ、同関連市場を調査したレポートの中で発表した。

本レポートでは、電気や水、交通システム、公共サービスなど、あらゆるインフラを統合的に管理し、最適化を実現した次世代の環境配慮型地域社会を「スマートコミュニティ」と定義している。

2020年の国内のスマートコミュニティ関連市場を領域別にみると、クリーンエネルギーは2011年比3.3倍の8,923億円、電力貯蔵は同年比3.4倍の5,244億円、系統・受配電・インフラ関連は同年比83.8%の434億円、構成要素技術は同年比4.8倍の5,663億円、エネルギーマネジメントは同年比1.2倍の549億円、スマートウォーターは同年比3倍の204億円、次世代交通・インフラは同年比5倍の1兆3,881億円、ITS(Intelligent Transport Systems:高度交通システム)は同年比1.6倍の2,063億円になると予測する。

(※全文:2,417文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.