> > 小型電子機器等リサイクルシステムの実証地域が発表 岡山県、愛媛県、九州など

小型電子機器等リサイクルシステムの実証地域が発表 岡山県、愛媛県、九州など

記事を保存

環境省が現在募集を行っている「小型電子機器等リサイクルシステム構築協力地域」として認定を申請している、または認定を受けている地域を対象として、社会実証事業の公募を行った結果、以下の4地域の事業計画を採択することに決定した。

同事業は、使用済小型電子機器等(デジタルカメラ、ゲーム機等)の効率的・効果的な回収方法等の検討を行うため、市区町村で住民から排出される多種多様の使用済小型電子機器等の回収、回収された使用済小型電気電子機器の、分別・解体・選別・破砕などの中間処理、貴金属やベースメタル・レアメタルなどの有効金属の抽出などについて実証実験を行うもの。

今回、採択された実証事業実施地域は以下の通り。

  1. 岡山県 (笠岡市、井原市、浅口市、里庄町、矢掛町)
  2. 山口県 (宇部市、美祢市、周南市、山陽小野田市、阿武町)
  3. 愛媛県 (久万高原町、松前町、砥部町、松野町、鬼北町)
  4. 九州地域
    福岡県内(大牟田市、久留米市、田川市、筑後市、大木町、新宮町、柳川市、宮若市、みやま市、遠賀・中間地域広域行政事務組合、那珂川町、小竹町、鞍手町)
    佐賀県内(基山町、鳥栖・三養基西部環境施設組合)
    長崎県内(島原市、対馬市)
    熊本県内(熊本市、山鹿植木広域行政事務組合)
    宮崎県内(日向市)
    鹿児島県内(志布志市、屋久島町、曽於市、大崎町)

今後、同公募により採択された事業計画に基づき、使用済小型電子機器等からの有用金属の回収を行うための実証事業を実施する事業者を、別途、環境省が選定し、事業発注を行う予定。なお、実証事業の募集は引き続き11月30日まで行う。

【参考】
環境省 - 平成24年度 「小型電子機器等リサイクルシステム構築実証事業」の 公募地域の決定について

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.