> > NTTデータ経営研と日通総研、物流のCO2排出量算定コンサルティング開始

NTTデータ経営研と日通総研、物流のCO2排出量算定コンサルティング開始

 印刷 記事を保存

NTTデータ経営研究所と日通総合研究所は共同で、国内のグローバル企業向けに「スコープ3物流CO2排出量算定及び削減効果評価指標策定コンサルティング」の提供を開始した。

同コンサルティングは、NTTデータ経営研究所のカーボンマネジメントコンサルティングを通じて得た海外算定評価手法に関する知見と、日通総合研究所の国内物流業務で蓄積されたノウハウをいかして、外国内における物流CO2排出量算定や評価手法に関する課題解決を目的としたもの。

両社はすでに国内大手グローバル企業への提供を開始しており、今後3年間で30社の受注を目指したい考えだ。

主なコンサルティング項目と実施内容は以下の通り。

(※全文:967文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.