> > 牛糞尿、食品生ごみからバイオガスを効率よく作る新技術 北海道に試験プラント

牛糞尿、食品生ごみからバイオガスを効率よく作る新技術 北海道に試験プラント

 印刷 記事を保存

エネコープは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業(実用化技術開発)」の一環として、牛糞尿、食品生ごみにBDF残渣(グリセリン)を適量混合し、バイオガスを高効率かつ低コストに製造する技術を確立し、北海道七飯町に試験プラントを建設した。

同プラントは、従来に比べ20%増のバイオガス製造を可能とするだけでなく、純酸素を用いて生物脱硫を安定的に行うことにより、コスト増の一因となっていた脱硫剤の使用量を従来に比べ70%削減可能と見込んでいる。

今後は、完成したプラントで長期運転による季節変化の影響等を検証し、さらなる試験を実施する。事業期間は2012年度まで。処理能力は14.5トン/日(搾乳牛糞尿10.0トン、生ゴミ3.0トン、粗製グリセリン数%)。バイオガス生産規模は680m3/日。

(※全文:1,061文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.