> > 北海道電力、今日から節電の要請開始 16時から21時まで

北海道電力、今日から節電の要請開始 16時から21時まで

記事を保存
北海道電力、今日から節電の要請開始 16時から21時まで

北海道電力は、12月10日から、今冬の計画停電を含む非常事態を最大限回避するための需給対策として節電の要請を開始した。これは、12月10日~28日までの 16時~21時、1月7日~3月1日まで 8時~21時、3月4日~8日までの 16時から21時の間に、今夏と同様、2010年度比7%以上の節電を要請するもの。

同社は、過去最大級またはそれを上回る電源脱落が発生する場合にも、計画停電を含む停電に至るリスクを回避するため多重的な対策を施し需給対策に努めており、これらの多重的な対策について現在の状況を公表した。

【1】緊急調整プログラム

今冬において、複数の大規模電源が脱落し、考えうる全ての需給対策を講じても、なお予備率1%以下となるような需給ひっ迫となる稀頻度の事態が想定される場合、人命に関わる停電に至るリスクを回避するため、生産・経済活動の一時停止や臨時休業、自家発電設備の活用等により速やかに需要を抑制した場合、その協力に対して料金を割引く契約メニュー。12月6日現在の状況は、操業調整による協力分が約28万kW、自家発活用による協力分が約11万kWで合計約39万kWとなっている。

【2】緊急節電要請スキーム

契約の規模などにより、緊急調整プログラムにはご加入できないが、緊急時には更なる節電に協力できる顧客向けのスキーム。チェーン店や大口の顧客など、緊急時にまとまった需要を抑制できる顧客が対象。現在、約3,000口(契約電力で約55万kW)の顧客と連絡ルートを確立している。

【3】緊急時ネガワット入札

節電の協力や緊急調整プログラムの発動をしても、なお供給力の不足が見込まれる場合に、入札により需要の抑制を図る。今後、大口顧客への加入案内と事前登録を進めていく。

緊急時ネガワット入札の流れ

【参考】
北海道電力 - 節電のお願い期間の開始にあたって

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.