> > Car to Carの実現を目指した「鉄スクラップの高度利用化実証事業」が実施

Car to Carの実現を目指した「鉄スクラップの高度利用化実証事業」が実施

 印刷 記事を保存

環境省では、平成24年度新規事業として、使用済自動車から回収される鉄スクラップを原料として再び自動車を製造する「Car to Car」の実現を目指した「鉄スクラップの高度利用化実証事業」を実施すると発表した。

本実証事業では、鉄スクラップを原料として自動車用の構造用鋼板(高張力鋼)を電炉で試作し、国内初の実用化を目指してその品質について検証を行う。事業請負者として東京製鐵を公募により選定した。事業実施期間は平成24年度。

現在、わが国で製造されている自動車用の構造用高張力鋼板は、軽薄性、成形性、車体衝突時に耐えられる物性など高品質な性能を求められる部材であり、かつ、鉄スクラップに少なからず含有する銅を一定割合以下に抑えなければならないという技術上の課題があることから、鉄スクラップを主な原料としている電炉では製造されていない。

(※全文:1,198文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.